読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識低いアラサー女が垂れ流し

地方在住で学歴も無い。

旅先でお土産を買ってこないで下さい。

一人暮らしの女に特別好きでもないのに「甘いもの好きだよね?」と手のひらサイズのケーキ、箱ごと6個入り、要冷蔵、賞味期限は1週間。ん?嫌がらせかな?と思うんですが、皆様どうでしょうか。

 

そもそも間食する習慣が無く、お菓子を食べるのも他人からの頂き物、もしくは月に1回くらい無性にチョコレートが食べたくなるのでそのときだけです。たまにチョコレートを食べているのを見ただけで「甘いもの好きだよね?」という決めつけがまず間違いで、実はそんなに好きじゃない。たまに食べると美味しいけど、毎日食べたい訳じゃない。

だから、賞味期限が長くて常温保存できるものだったり、個数が少ないものだったら素直に嬉しいのだが、貰ったお土産の賞味期限が1週間で6個入りだと、ほぼ毎日1個ずつ食べないといけない。わざわざ私のために箱で買ってきてくれてるから、いらないとも言いづらい。すんごいつらい。

 

それから、ロクシタン。海外旅行のお土産で本っっっ当に買ってくる人が多いロクシタン

香水は一切付けず、化粧品、ハンドクリーム、整髪料、洗剤、リセッシュまで全て無香料で揃えてる私に対して「これ、向こう限定の匂いだったんだ〜」という解説までつけて渡されると、何でそれ選んだの?と言いたくなってしまう。本当に申し訳ないが、香りものは一切駄目だ。

これは私が身の回りの物を無香料で揃えてることを知っておいて欲しいって話ではなく、匂いがきついものが駄目って人も居ることに配慮して欲しいという話だ。結構な割合で居ると思うんだが、違うだろうか?

 

だから私はもう「お土産は買って来ないでください」と言う。

「土産話だけ聞かせて下さい」と言う。

 

それを「せっかく好意で買ってきてくれたのに?」と批判する人も居るだろう。その”好意”が厄介なのだ。”好意”があるからこそ、ゴミ箱に直行させられない。結局賞味期限切れになってしまって捨てられたお菓子、くれた人と会う時だけ使ってそのまま溜まっていくロクシタンの数々。

 

大体にして「お菓子なら皆好きだよね」とか、「ハンドクリームだったら外れないよね」って感覚が一切分からない。

私的に外れないのは奇抜な材料を使ってないご当地レトルトカレーや、一緒に飲みに行った事がある人だったら相手の好きそうなミニボトルのお酒、それから個数は少ないけど値が張るお菓子だ。私の感覚も間違ってるのかもしれない。だからもう本当はお土産という文化すら失くしたい。でもそういう訳にはいかないから、旅先でお土産を買ってこないで下さい。