読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意識低いアラサー女が垂れ流し

地方在住で学歴も無い。

熊本地震であって助かったもの

社会

熊本地震に被災しました。

前震も本震も震度6を超え、ライフラインが一瞬で全部止まったときはやばいと思いましたが、建物の倒壊が無かったことと電気がすぐ復活したので何とかなりました。おかげで避難所にも炊き出しにも行ってません。

 

今回の震災で個人的にあって助かったものを書きます。

同じような境遇の人が今後の震災の備えとして参考になれば幸いです。

 

総務省消防庁に防災グッズの紹介がありますので、こちらもどうぞ。

総務省消防庁

 

現金

通帳よりも印鑑よりも、まず現金。
これが無いと本当にどうにもならない。

 

身分証明書

最悪、通帳・印鑑が無くても身分証明書さえあれば臨時措置で銀行から引き出せる。

 

懐中電灯

スマホを懐中電灯代わりにしてる人が多くて本当にびっくり!改めて防災グッズの基本中の基本なので持っておくべき。というか、熊本人は地震に対して耐性は無いものの、台風が来るので停電には慣れていたはずでは…?
よくある筒型のものに加えて、ランタン型おすすめ。

 

紙皿、紙コップ、割りばし

言わずもがな断水時用。洗い物を減らすために使いました。

ちなみにうちの食器はもう、前震のときに全滅しました。

 

アルミホイル・サランラップ

これも主には断水時用。まず紙皿にアルミホイルを二重に巻いて補強し、その上にラップを巻いて洗い物を減らしました。食べ終わったら一番上のラップだけを捨てて入れ替える仕組み。写真の左側がそれ。右は備蓄しているカップ麺。

f:id:niwaculture:20160525235853j:plain


フライパン用ホイルも洗い物の節約になってとても便利だった!

クックパー フライパン用ホイル 25cm×7M

クックパー フライパン用ホイル 25cm×7M

 

 

f:id:niwaculture:20160525235924j:plain

 

 

カセットコンロ

ガスが止まっていたため。普段から鍋に使えば良いし、持ってて損は無い。

そういえば本震2日後にBBQパーティしてるご家庭があったけど後始末どうしたんだろうか……1週間も断水が続くなんて思ってなかったんだろうなあ……

 

シリコンスチーマー

これもガスが止まっていたため。

ちなみにスチーマーや包丁等の調理器具はバケツに1cm程水を張って洗剤をたらし、スポンジで洗剤水を吸収→洗い物の上で絞る→擦るを繰り返して洗った後、湧水が出てるところや水が出る公園で泡を流しました。

本当に、スーパーが開いても惣菜類は争奪戦のため、自炊出来る人はした方が良い。

 

衣類

我が家が洗濯機が回せるようになったのは1週間後だった。
本当に、服捨てまくってるミニマリスト共は後悔するぞ!

 

洗濯板&桶

一応、断水自体は本震5日後には解消しましたが、水圧が低くてマンション上階の我が家まで来なかったため、駐車場の水道で手洗いしました。

 

救急箱

特に包帯と絆創膏。割れたガラス踏んじゃう人多すぎ。

 

ふき取りクレンジング

女性にあげて一番喜ばれたのはこれ。断水時はクレンジングというよりも、洗顔代わりに。

ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート モイスト 46枚

ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート モイスト 46枚

 

 

生理用品

支援物資が届くようになっても、ボランティアが男の人の場合、気づかない人が多い。どうせ使うから普段から買いだめしてると安心。

 

ビスコ

非常食と言うよりも、近所の子供におやつとしてあげたり、糖尿病の母に低血糖防止に渡したり。低血糖は本当に危ないので気をつけて。そのため、私はカンパンよりもビスコ推し。

 

タンク

熊本はそこかしこで湧水が汲めるため、持ってる人多めだったのでは。

うちも給水車には並ばず湧き水を汲んで使っていたけど、復旧して水圧が足りないときは近所の公園にも汲みに行きました。

尾上製作所(ONOE) ウォータータンク 10L OWS-10C

尾上製作所(ONOE) ウォータータンク 10L OWS-10C

 

 

節水トイレ

実家がLIXILの最新型トイレに変えたばかりだったが、我が家に比べて必要な水量が全然違う。

でもまあ、トイレットペーパーを流さなければ洗面器1杯くらいでモノは無くなります。紙は拭いたら燃えるゴミへ。

 

自転車

まじで渋滞えぐい。

給水車とか自衛隊の車とか支援物資トラックとか。電車が止まって、高速道路が使えなくて、幹線道路は真っ赤でした。体力がある人は積極的に自転車移動を。

 

普段は自転車で移動していたけれど、さすがに水を汲みに行ったときは車が無いと辛い。

うちは車は持ってなかったので、タクシーに何回かお世話になりました。が、しばらくするとタクシーもガスや損害保険の県外応援部隊に占領されます。県外応援部隊は土地勘が無いため、タクシーを借り上げて客先に回るらしいです。車持ってる方が便利です。

 

 

とにかくライフラインが止まると普段通りの生活が出来ないため、「出来ないからやらなくていい」じゃなくて「出来ないから別の方法を考えよう」と、最適な震災ソリューションを生み出して行くしかありません。皆様の今後の災害に参考になる前例となれば光栄に思います。

 

 

 

他、後ろ向きな愚痴を聞いてくれる人は以下もどうぞ。

niwaculture.hatenablog.com

 

お金があって本当に良かったって話もどうぞ。

niwaculture.hatenablog.com